スタッフのブログ

犬の多頭飼いってどうなのかしら

こんにちは!

 

港北ニュータウン店です。

店内はクリスマスソングが流れて

ついつい鼻歌が出そうになります♪

 

さて、今日は犬の多頭飼いについてお話ししたいと思います。

私も最近、多頭飼いを始めました!

マルチーズ女の子10歳のみさえとトイプードル女の子8ヶ月のこまです。

歳が離れているので少し考えましたが

多頭飼いを始めて2ヶ月。

みさえも最初は嫌々でしたが(笑)

今はくっついて寝たりリラックスできる関係になりました。

多頭飼いすることを悩まれている方がいれば

ぜひ参考にしてみてください。

 

迎える前に様々なことに考慮する必要があります。

まずはメリット

・社会性が育つ

多頭の生活に慣れていると

お散歩へ連れて行った際に他のわんちゃんと

会っても消極的、攻撃的な態度をとりにくくなります。

普段から他の犬とふれあいが増えるため

犬同士のコミュニケーションが上手になるのではないでしょうか。

 

・先住犬から犬社会のマナーを学べる

アサヒペットではお店にいるときから

店内で散歩をしたり、数頭一緒に遊ばせたりして

社会性を身につける練習をします。

お家に行ってからも先住犬がいると

その流れで先住犬から

犬社会のルールやマナーを学習することが可能です。

ちなみに犬社会のルールやマナーとは挨拶するときの

距離の取り方などです。

 

・1頭よりもお留守番の時、寂しさを感じさせない

相性にもよりますが

お留守番の際、お互いに遊び相手になります。

先住犬が多頭飼いを始めて落ち着いて留守番できるようになったと

耳にすることがあります。

 

・脳の活性化にも繋がる

先住犬がシニアであれば自分以外の犬と接する

機会が増えるので脳が活性化され

認知症を発症しにくくなるとも言われています。

多頭飼いを始める場合ほとんど後輩犬は仔犬です。

多頭飼いをして犬同士一緒に遊ぶことで

体力がつき、健康的な体を維持することにも繋がります。

 

多頭飼いすることで家も賑やかになるので楽しさも増えますよ!

 

ただ、予防注射の費用やご飯代、トリミング代など

費用が倍にかかったり、犬のお世話する時間も

わんちゃんが増えた分だけかかってきます。

先輩の悪い癖を真似することもあったり

後輩犬を構いすぎて先輩犬がやきもちを焼くこともあります。

その分、自分の時間が少なくなったりするので

生活がわんちゃん中心のになるという心構えも必要になります。

多頭飼いを始める前に、飼い主さんの生活時間に

余裕があるか、積極的にお世話する気持ちがあるか

先住犬の性格的には多頭飼いがあっているのか

今後の未来を考えた上で楽しいペットとの暮らしを送りましょう!

もちろんご来店された際は

私たちスタッフがアドバイスさせて頂きます!

 

スタッフ一同、ご来店心よりお待ちしております!

 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.