スタッフのブログ

犬もするの?

こんにちは!多摩店です。

 

だんだんと寒い季節になり

上着は手放せませんね。

少し早いですがお店の前もクリスマスツリーが置かれ

夜はツリーの前に人が賑わっています♪

 

 

さて、みなさんは犬も嫉妬をする事をご存知ですか??

 

犬が嫉妬のような行動を取る事は、

犬を飼っている人なら見た事がある人も少なくないと思います。

 

実は犬は赤ちゃんや他の犬、ぬいぐるみといったものに対して吠えたり、

噛んだりなどといった嫉妬的行動をする事が研究で分かっているんです!!!

今回は嫉妬した犬の行動やその対処法について紹介します!

 

犬も私達と同じように嫉妬心があるとは言っても、

そもそも犬の嫉妬とはどんな気持ちの事だと思いますか?

 

1.愛情が自分ではなく他に向けられている事を憎む。

2.他人の能力を妬む気持ち。

 

人は他人と自分を比べてしまい嫉妬する事があります。

ですが、犬の場合は1の嫉妬の気持ちである事がほとんどなのです。

犬は他の犬と自分を比較して、「なんで自分は出来ないのだろう。」とは考えません。

犬の嫉妬は大好きな飼い主さんが「誰かに取られてしまう」という不安や、 

「自分も褒めて!」といった、向けられる愛情に対して嫉妬します。 

 

 

では、犬が嫉妬した時どんな行動を取るでしょう?

 

嫉妬行動を大きく分けると2つあります。

 

1.飼い主さんの注目を得ようとする「甘え行動」

2.飼い主さんが強く注目する(ライバル)ものを排除しようとする「攻撃行動」

 

嫉妬時に見られる行動の多くは甘え行動から攻撃行動へ発展してく事が多いのですが、

飼い主さんが自分以外の「もの(ライバル)」を構っている時にライバルへ攻撃する事は少なく、

飼い主さんがライバルから離れた時に攻撃行動に出ます。 

 

甘え行動

・見つめる

・体を擦り寄せてくる

・飼い主さんが構っている間に入ってくる

・舐めてくる

 

攻撃行動

・吠える

・唸る

・噛み付く

・破壊する(おもちゃ等)

 といったこのような行動が見られます。

 

嫉妬の行動を防ぐ方法は

「嫉妬させるような場面を作らない」

「嫉妬させるような状況を作らない」

事が大切なのです。

 

どうしてもそういった状況になってしまうこともありますよね。

 

 そんな時の対処方法は、

吠える、噛む、物を壊すといった際、

サークルの中に入れるか無視する事がいいです。

大騒ぎをしてしまうと犬は飼い主さんが構ってくれた事により

喜び、逆効果になってしまうのです。

その問題行動をやめた時はたくさん褒めてあげて下さい!!

メリハリをつける事がとても大切です。

 

もちろん数回行っただけでは問題行動は良くなりません。

これを日々繰り返し行う事で、愛犬は学び問題行動が減っていくのです。

 

愛犬の問題行動を防ぐ為には大前提に運動不足にさせない事が大切です。

 

アサヒペットでは仔犬の幼稚園やパピースクール、マナースクールを行っており、

プロのインストラクターがその仔にあったしつけを教えてくれます。

 

12月のスクールもご予約受け付けております。

(空き状況は開催店舗にご確認下さい。)

 

 

\待ってるワンっ♡/

ラブラドールレトリーバー女の子 8月13日頃生まれ

 

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最近のエントリー

店舗別エントリー

qrcode
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.