スタッフのブログ

お留守番できるかな?

こんにちは!湘南店です。

 

朝方や夜になると気温が低くなりお布団から

出るのが辛くなる時期になってきましたね。。

 

さて、今日はワンちゃんのお留守番についてお話ししたいと思います。

ワンちゃんを飼っている人の中には、ひとり暮らしや共働きで、

長い時間愛犬にお留守番させている人もいる思います。

しかしワンちゃんは群れを好む動物です。

基本的に一匹でいることにストレスを感じるという性質があります。

 

お留守番が苦手になってしまうと

寂しくてずっと吠え続けてしまったり、お家の物にいたずらをしてしまったりと

問題行動をするようになってしまいます。

 

このような問題行動をさせないように徐々に練習をしていくことが大事です!

 

まず練習していただきたいのは…

 

☆ゲージに慣れさせる

まずは、ケージやサークル、または決まった部屋や場所など、

子犬にとって居心地のいい場所を用意しましょう。

飼い主がいなくても、安心できる環境があることで寂しさが和らぎます。

 

☆視界から消える

子犬をケージの中に入れた状態で部屋から出て、ワンちゃんの視界から消えてみます。

突然飼い主が見えなくなることで不安になり、鳴くかもしれません。
そこで戻ってしまうと、「鳴けば飼い主が帰ってくる」と誤って学習してしまいます。

鳴きやむまで待ってから、ワンちゃんの前に現れましょう。

こうすることで「飼い主は目の前からいなくなってもちゃんと戻ってくる」と覚えます。

どうしても鳴きやまないようなら、おもちゃなどを与えて改めて視界から消えてみましょう。

おもちゃはボールやコングなど、一匹でも遊べるものを選び、留守番が楽しいことだと認識させるようにします。

 

そして少しずつ時間を増やしてみて下さい。

視界から消える時間は10秒程度から始めて、1分、3分、5分と、少しずつ時間を増やしていきます。

決して焦らずに、様子を見ながら小刻みに延ばしてみましょう!

 

 

そしてお留守番の時に注意していただきたいのはお部屋の気温です。

これからの寒い時期に暖房をつけないと、お風邪を引いてしまう可能性があります。

夏場の時期は熱中症予防のために冷房28度を付けっぱなしにしておくと安心ですね。

 

焦らず、その子にあったペースでお留守番をさせる練習をしていくと

ワンちゃんもストレスなく練習をすることが出来ます!

 

\お留守番お利口に出来るかな〜?/


トイプードル(シルバー)男の子 8月15日頃生まれ

 

安心してお留守番が出来る環境を整えてあげることも大事!

小さいうちから色々なことにチャレンジしてみて下さい♪

 

 

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近のエントリー

店舗別エントリー

qrcode
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.