スタッフのブログ

大好きな場所に変えるには…?

こんにちは!多摩店です!

夏の暑さから秋の涼しさに変わり、過ごしやすくなってきましたね。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、皆さん気を付けましょう。

以前、ネコちゃんに首輪とリードを付けて、

サークルで遊ばせる時間を設けているお話をしました。
人や他のワンちゃんネコちゃん・色々な音に慣れさせる

とても大事な時間です。
いつもの生活はもちろん、いざ災害にあった場合の防災対策としても

この経験は大事なのです。

それと同様に、キャリーバッグやクレートに慣れさせる事も大事ですね。
ネコちゃんは、ワンちゃんよりも一緒に出かけたり散歩したりする事は少ないので、

キャリーバッグに入る時は、病院に連れていく時やホテルに預けられる時など

ネコちゃんにとっては嫌な経験になってしまい、嫌がってしまう事が多いです。
キャリーバッグがネコちゃんにとって、安心出来る好きな場所にする為に慣れさせてあげましょう。

 


まずはキャリーバッグの存在自体に慣れさせる為に、

部屋にキャリーバッグを置いてみてください。
見慣れない物を見つけたネコちゃんは、好奇心から恐る恐る近づいて

クンクンと匂いを嗅ぎ始めるはずです。

チェックを終えて興味を失って、気にしなくなったら別の場所にまた置いてみるを、

何度か試してみて、興味を示さなくなったら次に移ります。

 


次に、ネコちゃんが空腹時に、エサやおやつを手に持ち、

鼻先に近付けて釣られて食べようとしたタイミングで、

キャリーバッグの中に放り込んでみましょう。
ネコちゃんはエサやおやつを追ってキャリーバッグに入ります。
こうすることで、キャリーバッグに入る=美味しい物がある  

という条件付けになります。

キャリーバッグの中でネコちゃんが食べ終わったら、

エサやおやつを手に持ち、キャリーバッグの外に引き出します。

釣られて出たらまたキャリーバッグの中にエサやおやつを投げ込んでみましょう。
何度か行い、キャリーバッグに入る事がネコちゃんにとって快感に繋がるようにしましょう。

そして、抵抗なく入れるようになったら、

今度はキャリーバッグの中でエサやおやつを長めの時間で食べさせましょう。
キャリーバッグの中で良い思いをする事で、嫌なイメージはつかなくなります。
キャリーバッグでじっとしている=美味しい思いが出来る。

となれば、ネコちゃんが長時間キャリーバッグにいる事は苦痛では無くなります。

 

今回練習してくれたこの仔は…アメリカンショートヘアーの男の子(5月3日頃生まれ)

お色はシルバータビーです。

 


ネコちゃんの集中力が持つのは10分くらいなので、

ダラダラと長く行ってしまうと逆にキャリーバッグを嫌になってしまうかもしれません。
キャリーバッグに慣れさせる練習は、10分くらいを目安に行いましょう。

 


さて、9月20日〜26日は動物愛護週間です。
この機会にワンちゃんネコちゃんについて改めて関心を深めてみてもいいですね。

 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.