スタッフのブログ

もしもでは無くなる日のために

アサヒペットへ仲間入りした仔犬仔猫を、

お客様のお家へ迎えて頂くその日まで、しっかりお世話する事が私たちのお仕事です。

 

2011年3月11日 東日本大震災

アサヒペット仙台店は被災しました。

二俣川本店の男性スタッフ2名ですぐさま仙台へ向かい、

仙台店にいた仔犬仔猫とスタッフ1名、その赤ちゃんを横浜へ避難させました。

 

「30年以内に都市直下型地震:発生確率70%」

災害時は成犬、成猫でもつらい環境です。

体力のない仔犬仔猫はさらに深刻な状況となります。

人間の大人の食べ物を、赤ちゃんにあげられないように

たとえ成犬成猫が食べられるものであっても、

仔犬仔猫は消化が出来ず、逆に命の危険にさらしてしまう事もある以上

取り合えず何かを食べさせる。ということは難しく

仔犬仔猫にとっていつものフードと水は必須となります。

もしも仔犬仔猫を迎えた翌日に、災害が起きたら

お客様はしっかり守ってあげられるだろうか?

防災マニュアル.jpg

2016年の熊本地震の後、「ペットショップとして出来る何か」を模索して

出来上がったアサヒペットのいぬとねこの防災マニュアル。

有事、募るストレスは動物も人も一緒。

まだ完全な準備はできなくても、準備を始めることはすぐにでもできるはず。

東日本大震災を経験した私たちだから

同行避難からのその先を考えなければいけません。

いざという時に出来る事は、ふだんからやっている事しか出来ない。

だからこそ準備しておく事が大事。

健康管理はぬかりなく、基本の備品を準備して

そして人と暮らす上でのマナーやルールをしっかり身につけてあげること。

IMG_2034.jpg

どんな時でも私たちの願いは変わりません。

お家へ迎えて頂いてからも、どうか私たちにお手伝いをさせて下さい。

 

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最近のエントリー

店舗別エントリー

qrcode
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.